芸の人特有の事情を考えることがある

まず、流産の種類についてもさまざまだと思います。
そのため一概に流産についての感想を述べることは少し難しいと考えています。
ただ、どのような形の流産についてでも「残念である、悲しいことである」といった感覚はあります。
いちばん無念なのはやはり生まれてくるはずだった子供でしょう。本来ならばこの世に生まれてきて様々な体験を通して成長したり色々な感覚を身に着けていくはずだった子供。その機会を一生迎えることができずに終わってしまう…というより始まりすらせずに途絶えてしまうといった悲しみさ、無念さは絶対に我々には分かることのできないものでしょう。
さて、流産そのものについての感想としては上記のものが主ですが、ここで芸能人、有名人についての要素が加わるとまたそれ特有の感想を持つこともあります。
現在活躍中の芸能人、有名人だった場合は、その人だけではなく周囲の環境や状況についても色々と考えを巡らせてしまうことがあります。
やはりどうしても妊娠時になるとうけられる仕事はほとんどなくなるでしょうし、産んだのちの仕事についても以前の仕事内容と変わるところが少なからずあると思います。
そうなると、もしかすると流産しなくて済んだのではないかと考えてしまうところがあります。