芸能人が流産したニュースを見て喜ぶ人はいるのだろうか

テレビやネット等で芸能人のが流産したニュースが流れる時がある。
とても悲しい気持ちになると同時にこのニュースを見てなんの為に流すのか理解できない事が多々ある。もちろん本人が自分と同じ経験をした人に自分の経験談を話す事によって元気を取り戻して欲しいという物もあるだろう。
しかし出産や同じく何故か話題になりやすい。何故だろうか。それは芸能人だからなのではと思う。人によっては心のどこかで芸能人は済む世界が違い裕福で何不自由なく過ごしている、そんな人達の不幸を見たいという人も一定数いると思うのです。
芸能人の結婚は相手も有名人だったり、裕福な立場の人であったり。羨ましがられる場合もあれば、妬まれる場合もあります。妬んでいる人からすると悲しいニュースではあるがどこか魅力を感じてしまい、報道する側もそれが分っていて報道する場合もあると思います。
もちろん、出産も同じです。出産はおめでたいニュースですが、経済的事情により子作りを断念した人や不妊治療を繰り返しても子供ができない夫婦からすると、出産により多くの人から祝福されている光景を見るのは辛いと聞きます。
本来は、それだけ出産や流産は芸能人であれとてもプライベートな問題。本来の仕事である芸以外を見せる事によって見る側は遠い存在であった芸能人を身近に感じられるかも知れません。
メディアは基本的に見る側の欲しがる情報を提供します。ですから、見る側全て人がそのような悲しいニュースを観たくないという訳ではないのだと思います。