望まぬ妊娠をさけるため、男性と女性に必要なこととは?

未成年が望まぬ妊娠をして、結局中絶した、というニュースはよく聞くし、珍しいニュースではないと思うけれど、どうしても性交渉に対する考え方が甘かったのかな、と考えてしまう。親や学校ではあまり性交渉に対して深堀して教えてくれるわけではないから、そこのところも原因ではあるだろうけど、一番目立つのは妊娠させた側の男性の認識の甘さとのちのちの事を考えていない行動だと思う。女性側も考えが甘いけれど、いつまでたっても避妊したかったけれど男性側が嫌がってさせてくれなかった、嫌われたくなくて流されてしまった、というコメントが多い。女性の場合は避妊せずに性交渉をした場合の対処の仕方、何時間以内にどこに行ってどう行動すればいいか、妊娠したか不安な場合、万一妊娠してしまった場合など、性交渉後の事を教えることが必要だと思う。一方男性側は女性の体に関しての無知さが目立つので、一回女性の体の仕組みや生理のことなどを教える機会、例えば生理ナプキンを触ってみるなど、性交そのものはもともと子供をつくる行為だということをしっかり教えて実感するような教育機会があれば今より望まない妊娠をさせる、することは少なくなると思う。