今こそ性教育を見直すべき

未成年の中絶の根本的な要因は、日本の性教育が不十分なところだと思います。女子だけでなく、男子にもしっかりとした知識を身につけさせるべきだと考えます。とくに男子は避妊の問題を自分ごととして捉えていない節があります。避妊をするのが面倒と思ったり、コンドームをつけない方が気持ちが良いなど、相手の女性のことを思いやる気持ちが二の次になってしまうきらいがあります。避妊をしないことで妊娠してしまうことで、女性をどれだけ傷つけてしまうのかということをもっとちゃんと教えるべきです。性体験自体が低年齢化してきていますので、小学校高学年から教えるのでは遅いのかもしれません。性教育は学校だけですれば良いものではないと思います。親からもしっかりと伝えるべきだと思います。親も、子どもに性について伝える際のポイントや伝え方を学ぶべきだと思います。欧米人に比べて、日本人は性に対してオープンではありません。そこを少しずつでも見直していかないと、未成年の中絶問題はなくならないと思います。国、学校、家庭が一丸となって、しっかりと性問題に向き合い、子どもたちに伝えていくという体制の整備と、性教育の見直しが早急に求められていると思います。