ピルは病院以外でも購入可能ですの記事一覧

  • ピルが不妊治療に使われることもあります

    ピルといえば一般的に避妊薬としての役割のイメージが強く、その他では月経困難症や月経不順の治療にも使用されることがあるといった認識が基本的に多い傾向にあります。 しかしそんなピルですが、避妊とは逆に不妊...記事の詳細

  • ピルの服用で太ることがある!?

    ピルには体重を増加させる副作用があると耳にした方も多いと思いますが、服用した全ての人が太るという訳ではありません。 体質とピルとの相性によっては体重が増えない人もいます。 ただ、ピルには太る要因となる...記事の詳細

  • ピルが服用できない女性もいることを知っていますか?

    妊娠を防ぐために避妊薬を服用しようと考えている女性は、体質や年齢によっては服用できない場合がある事に注意する必要があります。 特に気を付けてほしいのが普段からタバコを喫煙している人で、タバコとピルの相...記事の詳細

  • 更年期障害に対してピルを服用する方法もあります

    更年期障害は、一般的に閉経の前後5年間の更年期に暑くも無いのに汗の出るスウェッティングや理由も無く顔が火照るホットフラッシュなど多種多様な症状に苦しめられます。 もし何かしらの症状が気になる場合は、更...記事の詳細

  • アフターピルの代表と言えばアイピル

    万が一の時に避妊効果を期待できるアフターピルは、最近は改良が進んで体への負担も軽減したものが多くなってきています。 その1つであるアイピルは使用する方も多く、他のアフターピルよりも副作用が少なくて服用...記事の詳細

  • アフターピルの効果や服用方法について

    ピルといえば避妊薬として知られているが、これは性行為前に服用をすることで妊娠を防ぐものですが、実はアフターピルと呼ばれるものも存在しています。 アフターピルとはその名の通り性行為後に服用する避妊...記事の詳細

  • 低用量ピルの代表と言えばトリキュラー

    内服用避妊薬としてピルがあります。 1960年代の初期段階のものはホルモン含有量が非常に多く長期不要は不向きとされていましたが、その後、安全性を高める改良が施されて、現在では低用量ピルが主流にな...記事の詳細

  • 低用量ピルの種類についての紹介

    低用量ピルは定期的に飲むことで排卵や子宮内膜の増殖を抑制することができ、妊娠を防ぐことができます。 特徴の1つに緊急避妊には使えないことがあり、避妊に失敗するなど緊急時に処方される中用量ピルとは...記事の詳細