ピルは胎児に影響を及ぼす?

ピルは避妊薬というイメージを持っている人が多いでしょう。
しかし、妊娠していることに気づかずに飲んでいたというケースもあります。
妊娠中に避妊薬を飲んでいたら胎児に悪影響を及ぼすのではないかと心配になってしまう人もいるかもしれません。

ピルには生理や妊娠に関わる2つのホルモンが配合されています。
エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが含まれていますが、妊娠していない時に服用することで脳が妊娠していると勘違いするため、排卵が抑制されるという仕組みです。

実際に妊娠しているという場合、もともと排卵は起こらない状態です。
ピルはホルモンバランスを変化させて避妊するという薬であり、数回飲んだ程度では胎児への影響ほとんどはありません。
奇形率なども変化なしですし、あまり心配しなくて良いでしょう。

ピルは安全性の高い薬ですが、種類や服用する量によってはリスクが高まってしまうこともあります。
ピルに含まれるエストロゲンには血液を固まりやすくするという作用があり、服用することで血液の流れが滞りやすくなります。
結果として全身の血液や栄養素がきちんと届かなくなってしまいますし、病気のリスクが高まってしまうでしょう。
特にエストロゲンが多く含まれるピルを服用する場合や長期間服用する場合などは注意が必要です。

妊娠中は体の血液の流れが変わっており、もともと血流が滞りやすくなっています。
そのためピルの中には妊娠中や授乳中は服用できないようになっているものもあります。
また、妊娠中の女性がピルを服用した場合、消化器系の症状が発生することもあると言われています。
体調や気分が優れなくなってしまうこともあるので注意しましょう。
ニキビの治療などでピルを服用している場合でも出産後まで飲むのを中断した方が良いかもしれません。

ピルには避妊効果があるだけでなく、ホルモンバランスを整えて元通りの月経周期に戻すという効果もあります。
そのため月経不順で悩んでいる人や不妊治療で体外受精を行う場合などにも使用されています。
また、子宮内膜が剥がれるのを防止する効果があるため、流産や早産の防止にも繋がるでしょう。

ピルの服用による流産や早産はありえる?

先程も申したように妊娠しているのに気が付かずにピルを服用していたと言う話はよく耳にします。
そういった方々が一番心配するのが胎児に影響はないのかというところです。
例えば、ピルを服用したことでお腹の中の赤ちゃんが亡くなってしまう流産や予定よりも早く赤ちゃんが生まれてしまう早産のことを心配している人が多いです。

実際のところ、妊娠中にピルを飲んでもそういったことに影響は及びません。
ですので、ピルを飲んでいる人は今まで通り安心して服用してください。
もちろん、奇形率という子供が障害を持って生まれてくる確率も飲んだとしても変化なしです。

前述したように、ピルは様々な用途で使われることがあります。
避妊のために飲むことは当たり前ですが、ホルモンバランスを整えるためにもよく使われます。
ニキビの治療のために使われることもあるほどです。
また、初期早産を防ぐためにもこの薬が使われることがあります。
ですので、医師の処方のもと処方されたお薬ならば問題なく飲んでも大丈夫というわけです。

現在は通信販売などで気軽に購入することが出来ますが、素人判断で飲み続けて良いものではありません。
ピルを使う際は婦人科など医師の話をしっかりと聞いてから使うようにしましょう。
なお、出産後に飲むのはあまり良くないことだと言われています。
何故かと言うと、授乳に影響があるからです。
この薬には母乳の質を下げる効果があることが分かっています。
母乳は赤ちゃんにとって欠かせないものです。
健康な子供に育てるためにもまじりっ気のないちゃんとした母乳を用意するようにしましょう。
ピルは体の中に溜まるわけではないので、飲まなくなれば体は元通りの状態に戻ります。