ピルの服用は卵巣がんのリスクも軽減出来る

ピルは避妊するために飲むべき物、というイメージを持つ女性が多かったりします。
ですが避妊以外にも、卵巣がんになるリスクを軽減するという効果を得る事が可能です。
しかも卵巣がんは女性がかかってしまうリスクの高いがんであるため、ピルを飲んで予防する事が非常に大事だったりします。

卵巣がんは、名前の通り卵巣に腫瘍が出来て発症するがんの事です。
発症してしまう原因は様々ありますが、排卵するたびに卵巣にストレスを与える事になります。
その事は卵巣がんが生じてしまう主な要因の1つであると考えられているので、注意が必要です。

更に卵巣がんが厄介なのは、症状を自覚し難い事だったりします。
同じく女性が注意すべきがんというと乳がんがありますが、こちらの場合は胸にしこりを発見する事で症状を疑う事が可能です。
ですが卵巣がんの場合は、初期段階で明確に症状が出る事はありません。
自覚する頃には既に症状がかなり進み腫瘍が大きくなっているので、治療が困難だったりします。
卵巣がんはこの様に知らぬ間に症状が進んで手遅れになるケースが珍しくないだけに、サイレントキラーという呼ばれ方をされる事が少なくないです。

ピルには排卵を抑える効果があるので、飲む事で卵巣に与えるストレスを軽減させ負担を減らす効果を得る事が出来ます。
卵巣へのストレスを減らす事が出来れば、卵巣がんになるリスクを抑える事が可能です。
この様にピルには、がんの予防効果があるので飲む事をおすすめします。

そんなピルですが、がん予防のために効果的に利用したいなら1度に大量に飲むという方法は用いるべきではありません。
適切な量を継続して服用すると心掛ける事が大事です。
実際にピルの服用を長期間続ければ続けるだけ卵巣がんになってしまうリスクを軽減出来るので、続ける事が大事です。
もっとも本気で卵巣がんを予防したいなら、ピルを服用しつつ同時に栄養バランスを考慮した食生活や規則正しい生活を心掛けるといった具合に生活習慣に注意する事も重要だったりします。

月経回数が多い現代の女性は子宮の病気が多い

卵巣がんは現代の女性に増えているがんです。
サイレントキラーと呼ばれ、初期の段階で痛みなどはほとんどなく、自覚症状があるころには症状がかなり進んでいるので注意が必要な病気です。
現代の女性の平均特殊出生率は、1.3人ほどです。
一生のうちに産む子供の数をあらわす数字で、中には一生出産しない女性も増えています。

卵巣というのは女性の体の中に、左右にそれぞれ1つずつあります。
毎月交互に排卵することで生理が起こるのですが、これは大きなストレスになります。
出産数の多かった昔では、妊娠中や授乳中は排卵は抑えられていたので、卵巣や子宮への負担は少なく、卵巣がんなどにもなりにくい傾向がありました。
出産の減った現代では、昔と比較すると9~10倍もの生理を一生の間に経験するといわれるほどです。

卵巣や子宮の負担になる排卵のストレスを軽減するためには、予防が必要です。
ピルは排卵を抑える効果を持つ薬です。
飲み続ければ排卵の回数だけでなく、生理もコントロールすることが可能です。
ピルは避妊のために飲む物だと思っている人が多いですが、卵巣がんなどの女性の病気のリスクを軽減することができます。

子宮の病気も増えていますが、これも生理の回数が増えていることが原因です。
一生の間に400~500回もの排卵を繰り返す現代の女性の子宮や卵巣はストレスが蓄積し、病気を発症しやすい状態になっています。
リスクを軽減するためだけに出産するというのは難しいことですが、ピルであれば飲むだけで排卵の回数を減らすことができます。
処方薬なので病院へ行って医師の診察を受ける必要がありますが、その際には検査を行うのでより体の病気のリスクを下げる効果があります。