ピルの服用で太ることがある!?

ピルには体重を増加させる副作用があると耳にした方も多いと思いますが、服用した全ての人が太るという訳ではありません。
体質とピルとの相性によっては体重が増えない人もいます。
ただ、ピルには太る要因となるような成分が含まれているのも確かなことなので、ピルを服用すると太りやすくなる理由を解説したいと思います。

ピルにはエストロゲンとプロゲストーゲンといった2つの成分が含まれており、この2つの成分にはそれぞれ体重を増やすことに繋がる作用があるのです。
まず、エストロゲンには体内の塩分が腎臓から排泄されることを抑える働きがあります。
体内に塩分が溜まれば水分を吸収するため結果として水分が増え、むくみやすくなり体重が増えるのです。
また、女性ホルモンの一種であるエストロゲンには、胸や腰回りなどの皮下脂肪を増やして女性らしいボディラインを作る働きもあるため脂肪がついて太ってしまいます。
そして、プロゲストーゲンには食欲を増進させる作用があるため、食べ過ぎによって必然的に太りやすくなってしまうのです。

このような理由から、ピルを服用すると体質との相性によっては太ってしまう場合もあります。
そのため、太りたくないからという理由でピルを服用することを躊躇している女性も多いようです。
しかし、ピルの作用で体重が増えてしまうメカニズムがわかっていれば、例えピルを服用して太ってしまったとしても体重を落とすための対応策を講じることはできるのです。

基本的に食欲に任せて暴飲暴食を続ければ当然のように体重は増加してしまうものです。
例えピルの影響で食欲旺盛になったとしても徹底した自己管理によって食事の量を制限することが大切です。
また、適度な運動をして脂肪を燃焼させることも重要な対応策となります。
そして、体のむくみが気になるのであれば、就寝前に水分を摂りすぎないように気をつけたり、リンパマッサージを習慣づけて行うようにすることをおすすめします。

むくみを取るためのマッサージや運動の紹介

ピルと体重増加には直接の因果関係は無いことが分かっています。
一方、服用で太ったという声も多く聞かれます。
ピルで太る理由はいつくかの原因があり、ピルを服用することで水分を溜めこみやすくなるため保水力が高まることや、脂質代謝で脂肪が付くこと、肝機能障害や食欲増進などが指摘されています。

太らないためには食事量のコントロールを行うなどの徹底した自己管理が重要になりますが、むくみの解消法としては運動やマッサージをすることも効果があります。
例えば、ふくらはぎのむくみは手の平全体を肌に密着させてから左右の手で交互に内側と外側をくるぶしから裏に向かって摺り上げるようにし、各10回ずつ行います。
次に同じ手順ですね脇を行い、ひざ浦のリンパ節にも老廃物を流し込むように圧をかけることで効果があります。

下半身の場合には壁に向かって仰向けになり、壁を支えにして両足を上げます。
次にふくらはぎと太股の固くなった筋肉の部分を探し、圧をかけながら両手で揉みほぐし、ここではひざ上の贅肉に対してもしっかりと行います。
最後には足を包み込むように両方の手の平を肌に密着させながら、くるぶしから足の付け根に向かって摺り上げていくようにし、左右交互20回ずつで1動作になります。

運動には、筋肉を付けることで代謝を向上させ体のめぐりを良くする効果があります。
むくみは脚の筋肉の付き方が大きく関係しています。
脚の筋肉を鍛えることでむくみに対処することができ、ここではスクワットなど、ハードな筋トレなどをしなくても行うことが可能です。
例えばウォーキングがあり、軽く汗をかく程度のペースで1時間程度早歩きをするだけで、太股やふくらはぎに筋肉を付けることができます。
また、時間が取れない場合にはオフィスなどでストレッチや階段を使うことで筋肉のポンプ作用を活性化することができ、大切なことは習慣化をし継続することがあります。