ピルが不妊治療に使われることもあります

ピルといえば一般的に避妊薬としての役割のイメージが強く、その他では月経困難症や月経不順の治療にも使用されることがあるといった認識が基本的に多い傾向にあります。

しかしそんなピルですが、避妊とは逆に不妊症に使用されるケースもあります。
そのおもな理由としては、まずはピルを使用していれば妊娠することはありませんが、それとは逆に服用を停止すれば、当然ながら普通通りに生理が発生します。
こういった特徴を利用し、ピルを使うことで不規則な生理周期を安定させたり一旦リセットして治療をやりなおすといったことに利用できますし、体外受精の排卵日程をコントロールすることが可能となります。
また卵巣腫瘍や子宮内膜症といった不妊症の原因となる病気は、排卵が発生するごとに症状が進行するため、ピルで排卵を止めて症状の進行を抑制することもできます。

さらには黄体ホルモンが少ない人の場合、排卵後の高温期が短くなります。
そうすると受精卵が着床するための子宮内膜もはがれやすくなるといった特徴があり、それによって流産する可能性も高まってしまいます。
そこで黄体ホルモンを含むピルを服用することで、子宮内膜の維持および受精卵の着床をサポートすることができます。

このようにピルは確かに避妊用でも使用されますが、実際には不妊治療にも効果的な役割のある薬剤です。
そもそもホルモン剤なのでそういった役割があることは当然であるのですが、世間的には避妊薬のイメージが定着してしまっているため、不妊治療でピルを服用するとなると意外に感じるケースも少なくありません。
しかしこのようにどちらにも効果が期待できることは確かなので、目的に合わせて使用することが良いでしょう。
ちなみに避妊用の服用方法と不妊治療での服用方法では、やはり目的も異なるので当然服用回数や時間などにも違いが生じます。
それゆえに医師の診断と指示に従い、適切な方法での服用を実施するようにしましょう。

ピル以外の不妊治療の方法とは

ピルは不妊症治療の目的で使用することができるほか、子宮内膜症や排卵周期の改善、ホルモンバランスの調整や生理痛の緩和などさまざまな効果が期待できます。
そもそもピルを服用することでなぜ子宮内膜症の改善が期待できるかというと、排卵を抑制することで生理時に起こる子宮内膜の脱落や肥厚をコントロールするからです。
妊娠を目的としている場合や、避妊目的の場合であっても卵巣への影響はあるため服用方法を守った上で使用しましょう。

ピル以外でおこなう基本的な不妊症治療には、タイミング法や人工授精、体外受精があります。
最も初期におこなう不妊治療はタイミング法です。
これは排卵日を計算しタイミングを見計らいながら性交をすうという方法です。
そのため、排卵日が不規則な場合にはあらかじめピルなどを服用して排卵周期の乱れを正していきます。
このタイミング法は病院へ行かずに行えるため、パートナーの協力があればいつでも実践することができます。

人工授精や体外受精に抵抗がある場合は、漢方なども視野にいれるといいでしょう。
不妊治療の一環として漢方を使用する病院やクリニック、漢方薬局などで相談をし不妊治療に適した漢方を入手することができます。
ただし、漢方にはさまざまな組み合わせがあり、自己判断をするには難しい治療法です。
漢方は自分で判断してネット通販で購入するよりも医師や漢方を専門に扱っている薬剤師に相談をしましょう。

身体に合わなかった場合の対処法や服用方法、服用期間が含まれる成分によって異なるからです。
そのため事前に病院などで不妊の原因を明確にし、必要であれば最初にピルを使用して経過をみつつ、漢方など他の治療法について相談をする方がいいでしょう。