芸能人が流産することに対する世間の反応

芸能人の方が流産することは、やはり一般人の方と同様、芸能人も人間なので胸を痛めます。しかし、もっと胸を痛めるのは、一般人でさえ周りの人間から「お気の毒に。」などとごくごく普通のそれこそ一般的な気遣いに対して反応をしなければいけないこと。気遣いに骨を折るというのに、芸能人の方は、大勢の方から「残念でしたね。」とかわいそうがられて哀れみの目を向けられる、自分も含めた世間から。それは正直、反応してしまう自分も自分なんですが大変なんだろうな、大丈夫かなと流産したことにくわえ、いやそれよりも心労だろうなと心より思います。だからこそ、自分も配慮しなければいけないというのはあらためて思いました。また、流産すること自体はもちろん、世の中優しい人間だけじゃありませんから、流産のことを喜んだり妊娠したことに対する批判的な内容、場合によっては誹謗中傷。今ネットで誹謗中傷対策がされているというものの、芸能人の方が誹謗中傷に反撃する、これだって目立ちますから。流産しないように、というのももちろんですし、流産してから「次はどうするの?」「頑張ってください」「次こそは大丈夫ですよ!」のような、私たち一般人は気をつけなきゃいけないな、と思います。芸能人の方が流産することは一般人と同じく悲しいですが、目立つためにより心労を負ってしまわないように私も配慮しなきゃいけないでしょうとみていて感じます。